4月18日
今日はCI〜CIIのルート工作を考慮して、隊を2パーティに組直した方が無駄な行動がなくなるので、2チーム編成とする。
Aパーティの谷口、タケ、牛道の3人が先行パーティとしてRCへ移動した。中村、松島はBCにスティして明日RCへ上がることとする。
ワイヤーラダー2台、アルミ梯子3台を上部に上げて、あと2日間ぐらいかけて、CI建設をめざします。
先行Aパーティは元気に出発して行きました。
明日からしばらくデーター通信はSTOPとなります。
 
4月14日 アイスフォール帯 5500mにて。あと少しで上部雪原に出るが、更にクレバスが続いていた。
 
4月14日 記録
シェルパと松島が、アイスフォール帯のルート工作を行う。セラック帯を約10ピッチ伸ばすも、劣悪なセラックに難航し上部雪原下(5500m)までルートを延ばしたに終わる。午後から定例の降雪となりRC(リレーキャンプ)へと下る。
ルート工作が6日間続いたのと、クレバスにラダーが必要な為、BCに降りる事にした。15:30雷が轟く中、急いでBCへと下った。
18th,April,2003. From BC by Thnkpad A21p, using Thuraya Satellite telephone. hnakamura.
 

カレンダーへ