7月9

TakeとTyphoon、ツルジム、カンチャ・ダワ、クマール(キッチン)、タキザワ(キッチンボーィ)、ビルケ(ゴラドライバー)、ダイ(カッチャルドライバー)の8人と7匹のカッチャルはニサルに到着。チベットとの交易はサーズ問題でストップのまま。35日前にここニサルのマンチエ5人が越境して公安に逮捕されて、ラサへ連行された話しを聞く。スミヨシDr.に電話「無理すんなよ」のお話でありました。ルンチャン・カモ・バンジャンからネパール側をトラバースして接近を試みます。その後、チャンチュウン・ロック(ギャンザン。カン)へも・・・。天気は曇りで涼しい、標高も3000mラインで快適で、以前泊まったお家の庭にテントを張ってる。顔見知りが数人やってきた。

昨日、サルダン・ゴンパのヘッドラマ(隊荷を自宅にデポさせてもらってる)に明日、ニサルに行くと言ったら、「ぜひゴンパ見物においで」「アンタの仲間も見に来たしなあ」と言って、右手にはきっちりドネイションの領収書を持っていた。確かお家へ行った時もパンフレットやポスターを貰ったら「ドネイションの領収書を見せられて払ったのになあー。
 
サルダンゴンパのパンフレットの一部
 
ゴンパは以前訪れた時に確か地鎮祭してたけど、2004年完成予定とか。ゴンパ前には、この辺りでは一番大きなチベット薬草とカトマンズから取り寄せた新薬も並ぶセンターになっていて、急にラマ兼アムジー顔になって「領収書いつでも発行しまっせ」顔で案内をしてくれた。ついでにゴンパも観る?とも問うのでありました。ちなみに偉いお方の名前はトゥンドゥ・ラマという。
 
左からジャバ、チャランジ、グルネンジスリネンとラマは教えてくれましたが・・・・。2Fの別部屋に仮安置してあって、これいいでしょう!とも言った。
 
↑画像をクリックして頂くと、拡大版でご覧頂けます。
ニサルの村外れから西にヘコピークが見えると1999URLに書きましたが、正しくはタクヘコ(TackLhako)ピークといいます。タクは「岩のこと」で、ヘコは「仏のような」という意味です。モリザネはアホですから「タコ」と聞いたと言ってましたが・・・・・。アホは良くない発言ですなあ。このピークは今回もガスっていても、ガスの切れ間に顔を見せていました。このような頂上に岩のある山はトルボには数箇所あって、全てが同じ名前で呼ばれていました。

前の日へ  カレンダーへ  次の日へ