6月19日
テント場の前の急登が始まるバガ・ラBagala Bhanjyang 5172mには10時過ぎで、ポーター達も荷が軽くなり早く着いていた。道中はヤチャクンブー摂り男が混じっている。バガラから降りてくる男達もいた。約500m降りた広河原にもヤチャクンブー・テントと男達。シェルパ、キッチンスタッフ、ポーターに混じり収穫を試みるも不発に終わった。ツルジムの発見して収穫の模様をカメラに収めた。谷は急激に高度を下げて広い河原のChhoitai Kholaの川床のBagala Phediの草原にキャンプをする。広い川下はこのままポクスムド湖へ流れているが、ここからは湖は見えない。夕方に陽は差込み高度も低く快適な寝床となった。
 
バガ・ラを下り、ヤチャクンブーハンターのテントを過ぎて、僕達のシェルパ、キッチン、ポーター達全員がヤチャクンブハンターになった。数匹の収穫に「HAPPY」でありました。下からナムドーのキャラバン隊の一群が、ソクソクと上がってきた。背の荷物は日本援助のタイ米がドネイから運ばれている。

前の日へ  カレンダーへ  次の日へ