6月11日
ツァルカ・スティ(第1日目)午前中画像を送るも途中で送れなくなった。文字だけならOKである。朝、テント場は浅いガスに覆われていたが、天気は良くなり日中は30度を越える。ひさしぶり全員洗髪をしていた。昼までPCを触る。昼からTAKEはゴラドライバー達とキェィトランプ。ヨシナガは惰眠、他の人達もゴロゴロしたり洗濯。

僕はこれからド・タラップへヤチャクンブー採りに出かける村人7人の内の2人に買取交渉をアンプルバとした。1匹180Rsもするという。11匹を(60Rsx11)で交渉・・・。結局18匹を1200Rsで買った。ブラウンの今年産でド・タラップで採取したもの。ノブルカンBCまでの道中で会うことを約束した。ゴールドカラーを同値で・・・・。

夕食後、村の夫人方にDVD映画「キャラバン」を7時からすることにしていたが集まらないので寝ていると「バラサーブ!お客さんが・・・」8時前に婦人方10人前後とスタッフなど多数がキッチンテントに集まり上映会をした。この模様は後日に・・・まあ真剣なみなさんの眼差しにびっくりした。最後まで誰も席を立たなかった。
 
ツァルカ・スティの第一日目、対岸へ飛び石伝いと丸太橋を渡り、今では廃寺になっている。
ポンパとニンマパの両ゴンパへ。ツァルカの手前の新しい家には'99年にあった「ヨロズ屋」さんはホテルもやっていて、「ヤク・アイスクリームあります」の看板?村の男達はシーズンインしたヤチャクンブー(冬虫夏草)採りで、殆どの男はいない。

前の日へ  カレンダーへ  次の日へ