5月30日
今朝は、とても暑く3時半に起きて、これからのサーヴェイ・リサーチの計画を観光省に出すために西ネパールの山々計画を作成、明るくなって絵葉書を書いた。TAKEがいないので自分でコーヒーをこさえた。

コスモのオフィスへ出勤。明治のRA搭乗組と農大の先帰着組の若手が屯している。イェテイ・サガルマタ西稜隊長の石井君がルクラから戻り、昨夜帰着のチョモランマ・イェテイ隊の先帰着組が荷物と共にに帰って来て事務所はゴチャゴチャである。
ローツェ・サガルマタの農大隊の後発はエベレスト・ビユー・ホテルから、Pm3時45分に電話。山下隊長以下数名はゴーキョを訪れたらしい。ここ数日のニュースはエベレスト一色だが、午後、観光省コイララさんへのツラギピーク報告とこれからやる「トルボ」の計画とPC中の地図、写真、スケッチなどを見せる。エベレスト登頂50周年記念の新オープンピークの発表があった。新聞発表は明日だが、西ネパールの山々、ペリ、マナスル周辺、ランタンの西の山、プーの東、ロールワリンの注目の山、マカルー地域のまだまだ面白い山、カンチの西に面白い地域など50ピークだが、誰も興味は沸かない山々だが僕には全てが解るのだ。さて、どれだけの人が同定出来るだろうか?
 
オクダは運転免許が無くなって数年経つ、それならカトマンズでテンプーを運転してみよう。ということになった。やや緊張気味に運転席に座った。「おおーい!オクダあー無免許はアカン!」
 
農大の隊員中村君はローツェに登った。凍傷組の4人は先にヘリでカトマンズに戻り、足を引きづりながら装備の点検をやっていた。素晴らしい配色、デザインもさすが現代の若者風で「ボクもほしいなあ」
 
Tシャツの背後は「こうーなってますねん。すごいでしょう。カッコいいでしょ」

前の日へ  カレンダーへ  次の日へ